火災保険を選ぶときに知っておきたい常識

火災保険単体では地震時の被害をカバーできない

火災保険というのは、その名の通りに火災があって損害が発生したときに役に立つものです。ですが、火災と言っても補償対象外になる場合もあるので知っておきましょう。
地震によって発生した火災については、ただの火災保険だけでは補償を受けることができないのが普通です。日本は地震大国であって、地震によって発生した火災まですべて補償をしていては、いくらお金があっても足りなくなるのがその理由でしょう。日本では、別途地震特約を付けて準備をしておかなければ、地震時の被害をカバーすることはできません。この点は業界では常識なのですが、一般にはあまり知られていないことも多いです。その他、特約は色々とあるので、契約時に説明をしてもらいましょう。

保険金は建物と家財にのみ支払われる

火災保険の対象は、建物と家財のみというのが普通です。火事によって誰かが亡くなったとしても、その生命の分までお金が支払われることはありません。命に対しても補償をしてもらいたいなら、別途生命保険に入るか、もしくは生命保険に近い種類の火災保険特約に入る必要があるでしょう。
建物の損害と、家財の損害を計算して、必要な分だけ保険金が支払われるのです。生命保険のように、支払われる金額が事前に決められているということも少なくなっています。ですから、火災保険の場合には、保険金の額はかなり上下することがあります。ケースバイケースで、個別具体的に計算をしなければならないものだからです。ちなみに、建物も家財も時価でいくらかということが計算の基準になります。

© Copyright Globally Coordinated. All Rights Reserved.