吟味しないと損!火災保険はじっくり選ぼう

何となくで選ぶと後悔する?

みなさんは、火災保険を選ぶ時何となくで選んだりしていませんか?火災保険なんて、火事になった時に補償してくれる物だから、どれを選んでも一緒だと思ったら大間違いです。どこの会社の保険を選ぶかはもちろん、プランによってもだいぶ補償内容などが変わってくるので、何となくで選ぶと後々後悔する事になります。
例えば家が火事になってしまい、ソファーなどの家具が被害にあったから補償してもらいたいと思ったのに、建物の分しか補償してもらえなかったって事が実際あるんです。というのも、火災保険には補償範囲という物が決められていて、その範囲内の物しか補償対象になっていません。家具なども補償してもらいたかったら、家財も範囲に入ったプランに入る必要があるという事です。そういった部分もしっかり吟味して、火災保険は選ぶようにしましょう。

特約にも注目して選ぶと失敗も少なくなる!

火災保険を選んで、失敗したなと感じる事が多いのが保険料です。保険料が高すぎて負担になってしまう、結局払えなくなって退会してしまったなんて失敗もあります。そうならないためにも、無理せず払い続けられる保険料の見極めが大切ですね。
火災保険は、補償を手厚くすればその分保険料も高くなります。保険料をなるべく安く抑えるポイントですが、自分に必要ない特約は全て外すという事です。火災保険の特約には、盗難被害にあった時の補償や水災の補償など、火災以外の物もついているんです。もちろん万が一の事を考えれば、入っておいて損はないのですが、必要ないのに無駄に保険料が高くなったら嫌ですよね。例えば水災の心配が少ない地域に住んでいるのに、水災の補償に入っていてもあまり意味がありません。そういった物はなるべく削るようにして、保険料とのバランスをとるようにしましょう。

© Copyright Globally Coordinated. All Rights Reserved.