あなたは知ってる?火災保険の賢い選び方

火災保険の種類を知ることが大事

火災保険を選ぶ前に知っておきたいことといえば、どのような種類の保証があるかということです。火災保険と言っても様々な種類があります。基本的にどの火災保険でも火災の被害や落雷、雹害、台風による風の被害などは補償されています。あまり知られていませんが、火災保険で台風の際の屋根修理ができることも知る人ぞ知るという内容です。
ですが、水災に関するものについてはほとんど会社がオプション設定になっています。また、家財の補償に関するものもオプションになっていることがほとんどです。家財の場合は、どれくらいの補償額になるか見当がつきませんし、水災の場合は、被害が大きくなりやすいためです。そういった理由から別途オプション料金を設定しているのです。

水災や家財保険に加入する場合

では水災や家財保険は入る必要があるでしょうか。これについては、意見が分かれるところになります。水災の場合には、心配性の人であれば加入をするかもしれません。ですが、水災と全く縁のない人が水災保険に入る必要はさらさらありません。水災にあう住宅は、主に低地です。しかもある程度大きな川の近くであれば、その危険性は高いといえます。逆にいれば、高台にある住宅で近くに川がない場合には、わざわざ水災保険に入る必要はないということです。
家財保険に関しては、持っている家財がどの程度価値を有するかによって変わってきます。もし、大したことがない家財であれば、わざわざ加入をしなくてもいいでしょう。このようにオプションについては個別に判断すると、賢い保険を選ぶことができます。

© Copyright Globally Coordinated. All Rights Reserved.